【スズキ・ジムニー】大人気だけど納車はいつ 納車情報

1970年の初代モデル発売以来、コンパクトボディに本格4WD性能を持つクルマとして愛され続けてきたジムニー。そのジムニーが4代目へとフルモデルチェンジしました。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう。

下取り金額がディーラーでは
30 万円以上は無理ですと言われたのに、
買取業者では 80 万円になることも 。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
オークションするので、

結果的に値段が吊り上るのです。

つまり、
一括査定サイトを利用しないのは損です。

1970年の初代モデル発売以来、コンパクトボディに本格4WD性能を持つクルマとして愛され続けてきたジムニー。そのジムニーが4代目へとフルモデルチェンジしました。

「ジムニー」の月産台数2,000台~2,500台

都道府県ごとのスズキ自販に割り当てられ、その県内での予約順で納車されていくとのことです。
また割り当てられた車については、メーカーから当月内の登録(売り上げ確定)が求められているようです。

カタログが無くなるところもあるほどの大人気車種なのです。

早期割り当てや繰り上げなしで通常オーダーした場合は7/8時点で3-6ヶ月程度の納期と聞きました。

入っているわけですし、「ジムニー」の月産台数2,000台を考慮すると、現時点から最短3~4か月の納期となっています。

しかも、発売日は木曜日の平日でしたが、事前予約で既に4,000台受注が入っていました。


新型ジムニー/新型ジムニーシエラ プロモーションビデオ

SUZUKI 新型ジムニー TVCM「Nobody but Jimny」篇 60秒

スズキのDNAを受け継ぎ、スズキにしかできないクルマとして、さらなる進化を遂げています。
圧倒的な走破性を持つこの唯一無二のオフローダーを、CMでいかに表現するのか。
正々堂々とその走りを見せるのと同時に、孤高の存在として新しいジムニーを捉えること。
真のリアルオフローダーとして、ジムニーの実力とプライドを感じさせる表現を目指しました。

スポンサーリンク



【スズキ・ジムニー】予約から納車待ち

気になるジムニーの納期です
2018年7月10日現時点での話で、
ジムニーは4か月以上
シエラは1年?
といった状況です。

まず軽自動車のジムニーですが、メーカーの月生産能力が2,000台~2,500台
発売日の7月5日時点で全国受注数が約10,000台
その時点で注文いただいた方で4か月とかでしょう。

注文の順番ですので、1ケ月で納車のケースもあれば、4か月のケースもあります。
今からの注文はそれ以上になる可能性も出てきますね。

【スズキ・ジムニー】納期

7月12日時点で、スズキディーラーから以下のようなアナウンスがありました。

「新型ジムニー」「新型ジムニーシエラ」納期について
おかげさまで大変ご好評をいただいております。
予想を大きく上回るご注文で、大変申し訳ございませんが、現在、納期が分からない状況となっております。
メーカーでも増産体制をとっているとのことですが、正直なところ分からない状態でございます。

参考
2018年7月12時点ご注文状況
ジムニー 年間計画1万5千台に対し、約1万6千台のご注文
ジムニーシエラ 年間計画1,200台に対し、約3,600台のご注文

メーカーも増産体制を検討しているようですが、もともとの生産台数が少なく、現時点では増産を考慮してもジムニーで年内に納車できればという印象です。